おもちゃのサブスクの対象年齢は0歳児ですが、詳細を見るといくつかは0か月、つまり生まれたてから利用できます。生まれたてというと起きている時間も短く、あまり何かに興味を示すこともないため、申し込むのは早いような気もしますが、教育はできるだけ早く始めた方が良いとも言われていますので、このタイミングで始めるケースがあります。生まれたてで利用し始めることを検討している場合には、生まれる前から申し込みをしておくことが大切です。出産後は色々と忙しくて対応している時間も体力もありませんので、比較的余裕のある出産前がチャンスです。

その他は大体生後3か月からになっています。これには理由があり、子どもの脳の成長は生後3か月頃から始まると言われているからです。そこから生後3~4歳頃まで急速な成長を続け、5歳になると約85%まで発達をし終えます。つまり、この間が子どもの思考力を育てるタイミングであり、脳に刺激を与えられるようなおもちゃを用意することで劇的に変化します。

0歳児は五感を刺激するおもちゃを選び、それ以降は少し考えて工夫をしながら遊べるものにすると効果的です。サブスクでは終わりの年齢も決められていて、早ければ4歳までとされています。大抵は未就学児が対象ですので、6歳までです。それ以降でも使いたい時には、対象年齢が8歳までのサブスクもありますので、そちらのサービスを利用するのがお勧めです。

大きくなるとプログラミングができるおもちゃもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です