Skip to content

個別指導塾の中学生をやめさせないために

個別指導塾を経営するにあたり、大事な事はいくつか存在しますが中学生が中心の場合にはできるだけ中学生をやめさせないようにすることが必要です。個別指導塾で中学生を1人出た場合、しばらくの間赤字ですが4ヶ月以上長く通ってもらうと、黒字に転換することができます。もちろん4ヶ月目でいきなり黒字になるわけではなく、1週間に2回授業をとっている生徒ならば4ヶ月位の時間は必要です。もし1週間に一回しか授業をとっていない生徒の場合は、8ヶ月ぐらいは時間がかかると考えて良いです。

もしその間に辞めてしまえば、確実に赤字状態が続くといえます。しかも学習塾は個別指導だけでなく集団授業なども色々とありますので、個別指導塾だけが生徒を集めるのが得意なわけではありません。そんな中生徒を長く継続させるために必要な事は、悩みなどをなくしていくことです。わずかな悩みで中学生の心はゆれ動き、途中でやめてしまう可能性があることを考えると、やはりできるだけ悩みを解消しておきたいところです。

直感の鋭い人は、顔を見ただけでいつもと違うことがわかります。生徒の特徴としては、あまりしゃべらない生徒や大人姿勢とは表情を見てもよく分かりませんが、いつもうるさい生徒等は突然静かになるとわかりやすいです。問題となるのは、普段おとなしい生徒の違いを見抜くことかもしれません。それはすぐにできることではありませんが、しばらく続けているとできるようになるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です