Skip to content

中学生の個別指導塾ではカリキュラムをチェック

中学生が個別指導塾に通い始める時には、提供されているカリキュラムにもしっかりと目を通しておきましょう。基本的なこととして押さえておきたいのが、指導してくれる教科についてです。中学生向けでは通常どこでも数学と英語は教えてくれます。それにプラスして国語や社会があり、理科も含まれていることが多いようです。

この5教科を基本としているところが多いのですが、中には社会や理科を指導していない個別指導塾もありますので、希望する教科を教えてもらえるのかを事前に確認する必要があります。特に苦手意識を持っているのが社会や理科の場合、これらを教えてくれるところを選ぶことがとても重要です。高校受験を成功させるためには苦手科目を克服しなければならず、せめて足を引っ張らない程度には成績を伸ばしていかないと苦労します。得意な教科をそれ以上のレベルにまで上げるのは大変ですが、もともと苦手に思っている教科を通常レベルにまで引き上げるのはそれほど大変ではありません。

苦手をなくすだけでも、トータルの学力は大幅に上がります。難関高校を受験する中学生は、難関高校への受験対策を実施している個別指導塾にするのがお勧めです。ただ単に学力をアップさせるだけでなく、これまでに蓄積されたノウハウを駆使して合格へと近づけることができます。難関高校では特殊な対策が必要になるケースもあり、独学だけではリサーチ力が足りなくて対処できない可能性もあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です