Skip to content

中学生の個別指導塾で行われている独自の授業スタイル

中学生が通う個別指導塾では、講師1人に生徒数名以内で行う授業スタイルが大きな特徴です。学校で行われる授業や集団指導塾で行う授業とは異なり、生徒とマンツーマンに近い状態でコミュニケーションをとりながら、きめ細かで柔軟な対応をすることができるメリットをいかして、個別指導塾ではさまざまな工夫を施す独自の指導方法を確立しています。例えば、学校の授業と同じように板書をしながら生徒1人のために授業を行っている個別指導塾では、講師が発問することと生徒が答えることを繰り返し、答えた内容に応じて板書をして重点的に解説をすることを繰り返しています。生徒の理解度を細かくチェックしながら授業を進められる上に、生徒との議論形式にすることで思考力や対話能力を高めていて効果的です。

また、授業で理解したつもりだったのに実際のテストでは問題を解くことができなかったという中学生によくある悩みに応えるために、独自の学習法を取り入れている個別指導塾もあります。この塾では、通常の授業の中で講師が単元を指導した後に、生徒が講師役となって学習した内容を講師に対して解説する授業スタイルを採用しています。生徒が習った内容を自分の言葉で説明することによって、理解度のアップと学習定着度を高めることにつながり好評です。授業を受けるだけでは定着しなかった部分の補強をすることで、効率のよい学習を積み重ねて成績を上げることもでき、中学生や保護者からの評価も高まっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です