Skip to content

授業スタイルを選べる中学生の個別指導塾

中学生を対象としている個別指導塾は、集団指導塾と異なり、授業を行う時の講師1人に対する生徒の人数が少ないことが大きな特徴です。個別指導塾によっては、講師1人に生徒1人のマンツーマン体制の授業と、講師1人に生徒複数名の授業を希望によって選ぶことができる場合があり、生徒や保護者のニーズに合わせて決められます。マンツーマン体制の授業のメリットは、授業を行っている間、講師が生徒のそばを離れずにずっと見守るかたちになるため、生徒の集中力が途切れることがなく授業に緊張感が生まれます。また、講師に質問をするタイミングを待つ必要がないので、わからないと思った所でいつでも講師に話しかけることができ、おとなしい性格の中学生や自己主張の少ない中学生にも最適です。

一方、個別指導塾で講師1人に生徒複数名で授業を行う場合には、講師が他の生徒を見ている間は自分だけで考える時間や自分の力で解く時間が生まれ、学力の向上につながる利点があります。また、一般的な料金設定は、マンツーマン体制の授業よりもリーズナブルになっていて、その分たくさんの科目を受講することも可能です。授業のスタイルは科目ごとに変更することもでき、講師の指名や変更なども無料で行うことができます。いずれの場合にも、講師がしっかりと生徒たちとコミュニケーションをとりながら、きめ細かな指導で一人一人の学力と個性に合わせた丁寧な指導が行われているので安心です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です