Skip to content

中学生の個別指導塾と集団指導塾の違いについて

中学生が高校受験を見据えて塾に通う場合には、大きく分けて集団指導塾と個別指導塾の2種類の中から選ぶことになります。どちらに通ったらよいのか迷う場合には、中学生自身の性格や勉強のスタイルなどの考慮して決定することが大切です。例えば、集団指導塾では学校と同じように大勢の生徒に対して一斉にカリキュラムが進められるため、苦手な単元や科目が多かったり、理解力が追いついていない場合には授業についていけなくなる可能性があります。大勢の授業では集中力が続かない人なども、通塾の効果が得られないケースがあるので注意が必要です。

一方で、個別指導塾では講師1人に対して生徒数人以内で授業がすすめられるため、苦手科目を何度も繰り返し指導したり、生徒のペースに合わせて授業を進めることができます。また、集団指導塾では一緒に目標に向かって頑張る仲間や成績を競う友達がいるため、競争心が強かったり、大勢で頑張る方がモチベーションが高まるという中学生に向いていると言えます。おとなしい性格で他の人たちの前で質問ができなかったり、ずっと見守っててもらわないと集中力が続かない人には、授業中も講師の目が行き届く個別指導塾がおすすめです。どちらのスタイルの塾が自分に合っているのがわからない時には、入塾前に実際に授業が受けられる体験授業に参加して、授業の雰囲気や教え方などを体験した上で、志望校合格の目標につながる塾選びをするようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です