Skip to content

中学生の個別指導塾で行っている指導の工夫

中学生の学習をサポートする個別指導塾は、大勢の生徒に一斉に授業を行わずに、講師が生徒1人、または2人から3人程度の少人数に対して授業を行うスタイルが特徴の学習塾です。生徒一人一人に対して目が行き届く環境をいかして、丁寧できめ細かな指導を得意としているほか、生徒の学力だけではなく個性や性格などにも配慮したオーダーメイドのカリキュラムを用意して学習指導を行っています。例えば、心配症でたくさんの問題をこなしたい中学生に対しては基礎問題を多めに用意してやらせたり、集中力が続かずに飽きっぽいタイプの中学生であれば腕試しができる応用問題などを厳選して、生徒のモチベーションを保つように工夫を施しています。また、個別のカリキュラムを進めて効率的に成績を上げるために、オリジナルの教材を作成して活用している個別指導塾もあり好評です。

定期テスト対策では学校で使用している教科書やテキストから問題を抜粋したり、受験対策では志望校の入試傾向に合わせた問題で力をつけるような構成で教材を編成しています。オリジナルの教材は、生徒の学力レベルに合わせて定期的に作り直しをすることで、成長に合わせた内容の学習を継続することが可能です。そのほかにも、個別指導塾では、自習室を開放して学習習慣を身に付けさせたり、保護者との三者面談を行って進路相談に応じたりと、幅広い角度から中学生の目標や夢を達成するためのサポートを行っています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です