Skip to content

中学生が個別指導塾を利用するメリットとデメリット

初めての受験を控えた中学生は、塾に通うという子も多くなります。塾には大きく分けて個別指導塾と集団指導塾があります。マンツーマンで受けることができる個別指導塾には、メリットとデメリットがあるため、きちんと理解して選ぶ必要があります。個別指導塾のメリットとして、個人の学習能力に合わせた学び方ができるということがあげられます。

分からない箇所にじっくりと取り組めるので、苦手を克服することができます。また、個別指導塾は、講師との距離が近いため質問がしやすく、疑問点をすぐに解決することができます。みんながいる場所で先生に聞くのが苦手という子でも、マンツーマンなら安心です。講師自身もきちんと生徒と向き合えるので、癖を見ぬくことができ生徒に合わせた指導を行うことができます。

また、時間に融通が利きやすいのもメリットで、習い事や部活動で忙しい中学生でも利用しやすくなっています。デメリットとしてあげられるのが、オリジナルのカリキュラムで他に中学生がおらず自分だけの空間で学習を進めるため、ライバルとの競争心が薄れてしまう可能性があるということです。また、自分だけの学習レベルに合わせるため、本来の目標から外れてしまったり、周りからも遅れをとっておしまう可能性も高いということがあげられます。費用面でも個別指導の方が高くなるため、家計への負担が増えるのもデメリットといえます。

子供の性格や学習能力によっては、個別指導が向いているという場合もあるため、指導内容をきちんと把握して選ぶと良いでしょう。中学生の個別指導塾のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です