Skip to content

公立高校受験を目指す中学生向けの個別指導塾

高校進学に向けて志望校を選定するときには、保護者は授業料が安い公立を選ぶ傾向が強いです。しかし公立高校は受験科目が多いために、受験勉強をするときの中学生の負担も大きくなります。けれども学力に合わせて学べる個別指導塾に通うと、苦手な科目があっても着実に能力を高められます。公立高校の合格実績に注目すると、中学生に最適な個別指導塾を選べます。

中学校の成績をアップさせることが、有利な条件で高校入試に臨むための基本です。1年生の段階から個別指導塾に通っている中学生は、特に基礎学力が充実しているので受験にも強いです。そのために教育熱心な家庭では、子供が中学校に入学するのを機会に塾通いをさせる傾向が強いです。自宅から徒歩や自転車で10分程度で通える塾は、部活動と両立させながら受験勉強をしたいときにも便利です。

特に理科と社会もじっくりと学べる教室は、補習と受験の両方に対応しているのが魅力です。通常は部活動や生徒会活動などもあるので、普通の中学生が毎日塾に通うのは難しいです。しかしテスト前に教室で特訓指導を受けることは可能であり、成績のアップでも高い効果が得られます。同じ高校を志望する受験生の中での順位を把握することが、公立受験に向けて学習の戦略を構築する場合の基本です。

模擬テストの偏差値などのデータを活用すると、一人一人に合った方法で計画的に学習を進められます。最初に苦手科目を徹底的に復習すると、合格に必要な実力も身に着けることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です